日本初上陸!プロが教える本物のエキストラバージンオリーブオイル

今や家庭に必ず一つはあると言えるくらい身近なものになったオリーブオイル。
しかし、オリーブオイル市場は非常に闇が深く、日本に流通している「80%」が偽物と言われています。

原産国問題

私達が信じてやまない原産国。
オリーブオイルを買うときに原産国を見て買うのを決める方もいるのではないでしょうか?

しかしながら、この原産国はオリーブオイルが採れた場所ではなくオリーブオイルの油をボトルに詰めた場所が原産国として表示されるのです。
例えば、中国で採れたオリーブだとしても、イタリアでボトル詰めをしてしまえば、そのオリーブオイルはイタリア産オリーブオイルと名乗ることが出来るのです。

品質偽装

オリーブオイルの中でも最高品質と言えるのが「エキストラバージンオリーブオイル」。
日本の規定は非常に緩く、少しでもエキストラバージンオリーブオイルが入ってれば名乗ることが可能なのです。

例えば、99%がピュアオイルで、1%がエキストラバージンオリーブオイルであれば、その商品はエキストラバージンオリーブオイルと名乗れるのです。

製造問題

オリーブの実は非常にデリケートです。
腐敗・発酵・カビが発生してくるので、収穫後12時間以内に絞らなければなりません。

しかし実際の作業では、大量生産するために何日か分をまとめて収穫して搾油するため、劣悪な商品が売られていることが頻繁に行なわれています。

選び方

ラベルの表示はでまかせのような記載が多く、専門家でさえ判断をするのは難しいそうです。
それでは何を信じれば良いかというと、人の評価。コレに尽きます。

あなたが信頼している人の紹介だったり、ソムリエの意見を聞いたり、オリーブオイル品評会の結果をチェックするしかないのです。

オススメのオリーブオイル

最後に料理人歴10年以上の私がお勧めするオリーブオイルを紹介します。
エクストラバージンオリーブオイル世界最大の生産国の1つであるトルコから、日本初上陸した「オリッジ・エブリデー」

世界で最も権威のあるオリーブオイルコンテストの1つ「ジャパン・オリーブオイル・プライズ2021」で銀賞を受賞しています。

「オリッジ・エブリデー」のエクストラバージンオリーブオイルは早収穫で、オリーブはまだ緑色の10月に手摘みで収穫され、24時間以内にすぐにコールドプレスします。ボトリング時の遊離脂肪酸 0.3 も達成しました 。

こうした手間暇かけたオイル作りが、ビタミンEを多く含み、抗酸化物質が豊富で、酸味が最も少ない、栄養価の高いおいしいエクストラバージンオリーブオイルとなります。

品質を守るための仕組みとして、オリッジのボトルは光からの劣化を防止するため不透明ガラスボトルを採用しています。
また、注ぎ口には特殊キャップを採用し、オイルと空気の接触を減らすことで酸化を防ぎます。

創設者の顔がみれるのも安心できる材料になりますね♪

Olizzi 創設者:Ece Er

外科医である父は、高品質のオリーブオイルは食べ物であると同時に治療法でもあると言います。食品エンジニアである母は、健康的な脂肪を食事に取り入れるための方法と、なぜそれらが必要なのかを教えてくれました。

エクストラバージンオリーブオイルは、地中海性気候で生産されており、最高品質の栄養成分を得るには、生産を慎重に処理する必要があります。
私は最高のエクストラバージンオリーブオイルの生産を学び、責任ある持続可能な生産を追求しています。

【内容量】

500ml

【保存方法】

高温多湿、直射日光を避け、冷暗所にて保存

【生産エリア】

トルコ

商品ページを見る

 

 

 

Soy王子

【インスタフォロワー16,000人】豆乳を使った動物性不使用のスイーツレシピを発信しています✩.*˚

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

翻訳 »